レースにツーリングと元気に走り続けています

1981年 鈴鹿4時間耐久レースの写真をいただいたので

3年前からパウダーパフレーシング・ミニとして
女子で戦っている岡山国際サーキットでのミニバイクレース。

このレースの常連ササダファクトリーの笹田喜也さん。
オープン2ストクラスを走る私と同世代のライダーさんである。

その笹田さんが1981年の鈴鹿4時間耐久レース
堀さんと私のスタート時の写真をお持ちだと!

堀さんと戦った2度目の4時間耐久は
私たちにとってリベンジともいうべきレースだった。

その前の年、1980年の第1回大会は
ドクター須田さんに作っていただいたGSX400Eで
F-3クラスポールポジションという、周りも
自分たちさえもビックリするタイムを堀さんが
たたきだし、決勝は皆に期待をされた。

1980-4h

スタートは堀さん。

しかし、土砂降りのコンデション、2周目の1コーナーに
流れ出たオイルに乗って転倒炎上してリタイヤ。

私は決勝を1周も走ることが出来ずに終わってしまった。

ピットに戻ってきた堀さんが、
「須田さんごめんなさい、峰子ちゃんごめんね。」と
少女のように泣きじゃくる顔は、いまも脳裏に焼き付いている。

彼女はこのレースを最後にロードレースから引退するつもり
であった。しかし、女の著書にも書かれているが
「私を走らせてあげたい」の想いで、翌年のエントリーを
その場で決めていた。

その年の暮れ、当時スズキの2輪設計部長だった横内さんに
お会いし、堀さんと二人、頼み込んでGSX400Eを出してもらい
エンジンは横内さんと強い繋がりのあったPOPこと
吉村秀雄さんにお願いし、ヨシムラチューンで仕上げていただいた。

横内さんは油冷式GSXの開発、また当時センセーショナルな
デビューを果たし、今なおファンが多い名車「刀」の父と呼ばれ
1978年の鈴鹿8時間耐久第1回大会ではPOPと参戦し
GS1000Rでクーリー・ボールドウィンを優勝に導いた方である。

足回りやカウル、フロント回りなどは当時の世界選手権
GP500に参戦していたマモラやルッキネリらが駆けた
RG5BやRGΓのものを流用してもらった。

800-400

当時の手帳に残っていた流用部品。

01

前年と違い、1981年はバイクブームの幕開けで
エントリー台数180台を超え、予選に残るのは3分の1。

前年の転倒炎上のトラウマから抜け出せないでいた堀さんは、
6月に毎週末通った竜洋のテストコースでも、鈴鹿での練習でも
思ったようなタイムが出なかった。

私のタイムが予選に残るギリギリだった。

横内さんや岩崎さんなどスズキのみなさんはじめPOPなど
世話になった皆さん、そしてなにより、私を走らせたい一心で
スポンサーやサプライヤーさんに掛け合ってくれた堀さん。
なんとしてでも予選通過し、完走しなければと、強く思った。

なんとか無事に予選を通過し、スタートを任された私。

お決まりのスタート前の緊張で、ずっと下を向いたまま。

笹田さんにいただいた写真からもよくわかる。
選手紹介されても下を向いている。

02_800

03_800

この時代は背中にゼッケンをつけなければならなかったので
せっかくの背中のペガサスが見えない。

2014-11-30-14

右が着用していたもので、左は2年前にクシタニさんで
レプリカを作ってもらったもの。

04_800

グリッドまで歩く道中も、誰にも目を合わせたくないから
下を向いたままだった。

3-l

05_800

そしてスタート。
当時はブラックアウトではなく、カウントダウンから
「GO」の電光表示だった。

07_800

09_800

11_800

無事にスタートするも、10周したころだったか、
フロントブレーキが全く効かなくなった。
一旦ピットインしてエア抜きしてもらって再スタート。

4h-pit

ピットとピットロードを隔てるウォールが懐かしい!

12_800

800

800-566

1時間後堀さんにバトンタッチ。

ピットロード

-1

1時間後にまた私に交代して、なんとか自分のスティントを
ふたつ無事に走り終えた。

毎周回、「バウゥー」という独特の排気音を響かせ、
最終コーナーから駆け下りてくる堀さんの姿を目で追いつつ、
チェッカーまで無事に走り終えてくれることを祈った。

チェッカーフラッグが振られ、メインストレートに戻ってきた
堀さんに、黒いサインボードに白墨で「ゴクローサン」と書いて
サインを出した。

コッチを向いて頷く堀さんの安堵の目をシールド越しに
見た時、私たちの2年越しの耐久レースが終わったと思った。

メインスタンド前はチェッカーを受けたライダーとそれを迎える
スタッフでごった返す中、私は缶ビールを抱えてコースに飛び出した。

大勢のライダーの中に堀さんを見つけた瞬間からの記憶が
なぜだか、ない。

4-l

 

 

のろのろ記

1981年 鈴鹿4時間耐久レースの写真をいただいたので

3年前からパウダーパフレーシング・ミニとして 女子で戦っている岡山国際サーキットでのミニバイクレース。 このレースの常連ササダファクトリーの笹田喜也さん。 オープン2ストクラスを走る私と同世代のライダーさんである。 その …

バイクに乗り続けるには体力が必要なのですヨ

ミニバイクとはいえ、耐久レースとなると体力勝負。 目下の目標は持久力アップで、我がチームの 若手女子ライダーミエちゃん、ノリちゃん、エミちゃんに 私の分までカバーして走ってもらわなくてもいいように 身体を鍛えたい。 遡る …

ツナギの想い

パウダーパフレーシング・ミニで使用しているこのツナギは 昨年暮れ、クシタニ西宮店の小林さんに無理をお願いして 作ってもらったもの。 GSX-R1000で着用している黒黄ツナギは 鈴鹿4時間耐久レース第1回大会の時のレプリ …

F1ドライバーへの夢に近づいた?!

aheadの若林葉子さんに声をかけていただき、先月 袖ケ浦・マル耐に参戦した。 葉子さんはマイカーのシトロエンDS3を、私はaheadさんが ルノーさんに借りてくださった、ルーテシアR.S.の2台で 4時間耐久レースをそ …

パスワードがわからない!

まったりよろしく、3か月もブログを放置。 「生きてますねん」だけでも書こうと思い サイトに入ろうとすると、ID、パスワードを入力せよ!と。 「あらん!」 放置しすぎて、覚えていたはずのパスワードが出てこない! というより …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
2017年8月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

  • facebook
  • twitter
Copyright © 母ちゃんライダーの自分時間 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.